マインドセット

無料やお得といった言葉に安心していませんか?

無料が得したとおもうマインド

最近は、乞食のような人間が多い。どういうような人間かというとすべてを無料でやりたがるマインドの持ち主だ。

なぜか彼らは、自分が無料でサービスを受けれると思っている。

会社のなかで仕入れ先や組織からそのような経験があるのか、またはこれまで育ってきた環境なのか。

例えば、スポーツジムにいって、プロのボディービルダーがいたらそのひとのところにいき、教えてくださいとか、いきなり言う。レストラインにいっても、旅行先でも無料で追加のサービスがないか、税理士さんへの追加作業のお願い。

プロの人に無料でなにかをやってもらおうとすることは考え方としておかしい。

まず人間のマナーとしても順序を踏まずいきなり、そのような言い方をすることはおかしい。

それであれば、そのようなサービスを受ける手順をきちんとその人に聞くのが先だ。

とにかく身銭をきること

株は買わないのに配当金だけほしいといっているようなもの。その考え方は今の世の中には

通用しない、常識からも外れている。

きちんと順序を踏み、お金をまず払わないといけない。

これは、むやみやたらにお金を払えといっているわけではない。自分が本当にいいもの

とおもったものにリスクをとってお金を払うこと。

そのマインドがないと、結局無料でサービスを受けたとしても、何も自分には残らない。

知識もつかない、お金も入らない。

多少あったとしても、人生全体からみたら、本当に一時的なものになるだけだ。

何かを得ようとすれば膨大な時間かお金が必要

今のインターネットの広告ビジネスはお金をはらえば稼げるようになる可能性は高い。

プロは有益なキーワードを得るためにお金を払っている。

自分でできる時間もかぎられている。24時間もないのだ。

そのある時間のなかで、自分で出来ないものはには、お金をはらう。

代わりに誰かに対応してもらう。

時間だけではない、経験、知識も含まれてくる。

ある知識を得ようとすれば、すでに知識があるひとから学ぶのと、一から本などで勉強するの

とでは時間軸の点で大きな差になる。

その思考でないと自分の成長が遅くなる。

100万円稼ぎたかったら、30万円払う。

無料でかせげるようになるとか、楽に稼げるとかは存在しない。

お金を払わなければ、その作業分を自分の膨大な時間で補うしか方法はないということを

認識して、支払うリスクの範囲で必死に考えることが大事だ。

-マインドセット

© 2021 ストレスオフな人生を歩く 一色一馬のブログ Powered by AFFINGER5